消費税がいよいよ10%へ

投稿者:落合智貴
週明け火曜日、10月1日から消費税が8%から10%に変わります。
5%から8%に上がったのが2014年の4月ですから5年半ぶりの増税となります。
今回のポイントは軽減税率の導入によって8%と10%の商品が混在することです。
持帰りの飲食料品と新聞は8%が維持されます。

企業の消費税処理はますます複雑になります。
当社は食品を販売することはほとんどないですが、経費の方では8%該当品が出てきます。
今でも課税対象経費と非課税経費の区分で間違えることが良くあります。
例えば非課税経費として挙げられるのが、給料・法定福利費・香典・ご祝儀・保険料・居住用家賃・印紙代・支払金利 などがあります。
これに加えて今後は8%と10%の区分もしなければなりません。
例えば会議に出すおやつや飲み物やお弁当、お詫びやお礼に持参する菓子折りなども8%になります。

今回の増税に関しての駆け込み需要は比較的少なかったようです。
とは言っても、先週は道路も混んでいたようですし、宅急便がいつもより遅れて届くといったことも起きているようです。駅改札の定期券売場は既に混雑が始まっています。

育児や介護に益々財源が必要な世の中になっています。
幼児教育・保育の無償化も始まります。
多くの人が健康で長く働ける社会を作っていかないと財政は益々厳しくなるでしょうね。

ナイスジョイント 在庫しました!

投稿者:落合智貴
江古田の新社屋は従来よりも倉庫床面積が広く、商品アイテムの拡充を進めていきます。
第一弾としてオーエヌ工業の「ナイスジョイント」を在庫しました。
「ナイスジョイント」はステンレスSU管用の拡管式継手です。

ステンレスSU管は薄肉の為、ネジが切れません。
そのため今回の拡管式の他に、圧着式(モルコジョイント等)、転造ネジ式(アバカスジョイント等)、ワンタッチ式(EGジョイント等)の施工方法があります。
その中でも拡管式は信頼性が高く、最も多く使われていると思います。
但し、施工には拡管機が必要ですので手軽に施工できるというものではありません。
拡管機は日割り計算によるリースでお使い頂くケースが多いです。
学校案件など官庁物件で多く使われるのも特徴の一つです。
拡管式の継手はベンカンの「BKジョイント」、日立の「Zロック」、リケンの「サスフィット」、東尾メックの「KKベスト」などがありますが「ナイスジョイント」は最もシェアが高い商品です。

ステンレス管は、価格は高いですが、耐久性やリサイクル性が高い事などが利用される理由かと思います。
当社の在庫を是非ご活用下さい。

ご購入はコチラ

落合住宅機器の歴史を辿る【平成19年度(2007年度)】

投稿者:落合智貴
アメリカのサブプライムローン問題がヤバそうだぞ、と囁かれる様になってきたのがこの年でした。その後リーマンショックを招きます。
この年は耐震偽装問題の影響で建築基準法が改正され、建築確認申請に大変時間が掛かり、着工にも大きな遅れが出るという事態が起きました。
2008年の北京オリンピックを間近に控え、原料素材の上昇が商品単価を大きく押し上げたのもこの年の特徴でした。

当社としては新しい試みが多かった年でもあります。
1、TDYリモデルスタイルフェアと松下電工汐留ショールームの見学をバス動員にて実行
2、初めての「主力メーカー商品説明会」をTOTO新宿スーパースペースで実施。
(この年以来毎年1月に説明会を続けています。)
3、会社ユニフォームとしてジャンパーと作業着を作成
4、ヤクルト球団の年間ボックスシートをやめる(現在は巨人戦に切り替えています)
5、年間売上1000万円以上のお客様に年末ジャンボ宝くじを進呈
6、インターネットバンキングを開始

業績の方はまずまずで、バブル崩壊以来最高の粗利益率を上げることができました。

会社創立55周年記念行事として、ダイキン滋賀工場見学会と京都観光に行きました。
京都御所や金閣寺、嵐山を観光したのも楽しい思い出になりました。


 (55周年記念旅行 京都御所にて記念撮影)

ソリマチ弁護士

投稿者:落合智貴
テレビ東京系列で先日まで放送していた「リーガルハート~いのちの再建弁護士」は中小企業の再建を専門とする村松謙一弁護士をモデルに作られたドラマです。
反町隆史さんが主人公を演じました。

リーガルハート
行き詰った中小企業の再建を果たすべく、バンクミーティングなどを通じて銀行など債権者を説得し、債権カットと共に再生計画を認めてもらうという、大変困難を伴う仕事です。

倒産の危機が迫ると、社会環境や取引先・従業員に原因がある、自分は悪くない、と責任を転嫁する経営者も多いと思います。
今までの自分の行動や判断の何が間違っていたのか。謙虚に反省し、再建にチャレンジする経営者もいると思います。
倒産は中小企業の経営者にとって「経営者失格」の烙印を押されるようなものですので屈辱的なことです。
そうならないために日々コツコツと努力を重ねる中小企業の経営者がたくさんいると思います。

対局を見る目、小さな気配り、大きな決断力、行動力、人を説得する力、あきらめない気持ち。
様々な能力が求められるのが経営者ですが、すべてを兼ね備えた人はめったにいないでしょう。
このドラマを通じて、会社が長く存続することが当たり前ではないことを感じてもらえればと思います。

東京みらい市 2019

投稿者:落合智貴
8月23~24日に東京ビックサイト青海仮設展示場にて東京みらい市2019が開催されました。
広々とした会場に設備関連の商品が展示されていました。

日邦 壁裏

日邦バルブではホテル向け新商品「減圧弁ユニット」が紹介されていました。

ホテル側からの要望で、減圧弁の点検・交換がしやすく施工に時間がかからないユニット化された減圧弁を開発したとのことです。

ちょうど、メーターユニットの減圧弁版と言ったところでしょうか。

ホテル建設需要が旺盛な昨今、売上拡大が楽しみな商品になると思います。

日邦 天井裏