工具

月別アーカイブ: 10月 2017

メザシの土光さん

投稿者:落合智貴 石川島播磨重工(現IHI)、東芝の社長を務め、経団連会長、そして中曽根内閣で行政改革に辣腕をふるった経営者が土光敏夫さんです。 ひとつの組織の改革を成し遂げると、さらに大きな組織の改革を任される人生でした。 私生活は極めて質素で、政府の臨時行政調査会の会長時代に土光氏の食卓が全国放送されたのをきっかけに「メザシの土光さん」と慕われて国民も土光さんの行政改革を支持したという話は有名です。 母が創設し、自らが理事長を務めていた橘学苑女学校に私財の大半を寄付していた話はほとんど公にされなかったそうです。 国鉄がJRに、電電公社がNTTへと民営化されたのはこの臨時行政調査会の議論が基礎になっています。 国営組織の不効率を改革していくのは、現場の抵抗を含めて大変な仕事であったと思います。 大きな組織を動かすには信念が必要であり、多くの人を納得させる理念が必要だと思います。 それらを兼ね備えていたからこそ土光さんに改革ができたのだと思います。 【伊丹敬之著 難題が飛び込む男 土光敏夫】 現在東芝は大きな問題を抱えていますが、土光さんも当時の東芝の運営には苦労したそうです。強大になりすぎた組織はひとりひとりの思いや習慣が根深く、変えていくのは大変でしょう。東芝で問題になった「チャレンジ」という言葉は土光さんが使い始めた言葉だそうですが、歴代の組織の中で曲解されてしまったようです。 カリスマがいなくなった後の組織において権力争いの末崩壊する組織を多く目にします。 そろそろ日本も、組織を大きくすることを目的化する経営から脱却するべきではないでしょうか。 企業の総合化から専門化への流れも出てきています。 贅肉をそぎ落として精鋭化していく、個性的な強い組織を目指す、オーナーシップをもった組織に細分化していく、といったことを考えても良い時機に来ている気がします。

カテゴリー: トピックス |

製販懇談会 2017秋

投稿者:落合智貴 平成29年10月5日に東京管工機材商業協同組合の製販懇談会が行われました。 各メーカー様の発表を要約しました。 ●キッツ 汎用バルブの製造はタイ、プラント向けバルブの製造は中国が多い。水素ステーションなどクリーンエネルギー向けのバルブ需要の拡大に期待している。 ●積水化学工業 塩ビ管の需要は2002年の48万トンから2016年には28万トンまで減っている。塩ビ原料メーカーは15から6社まで集約されている。塩ビの需給はタイトで、価格は高位圏を維持する見通し。 ●新日鉄住金 君津工場での生産をやめたため、白ガス管の需給はタイト。建設用鋼材の需給もタイト。鉄は全般的に値上げ基調で推移している。 ●リケン ねじ込み継手の需要は横ばい。防災ZD継手、ステンレス用メカニカル継手は職人不足の影響により出荷が増えている。JFEを中心とした業界団体が「軽量鋼管」の研究開発を検討している。「軽量鋼管」とはネジが切れる範囲で肉厚を薄くした製品。 ●TOTO 2017年上期は住宅が横ばい。非住宅が111%と増加。4.8L以下の節水便器の出荷割合が79%まで拡大。ネオレストNXが好調。ネオレスト・アプリコット等高級グレード品が好調。 ●クリナップ システムキッチンの売上も大事だか、ブロックキッチンの販売にも力を入れたい。ショールームスタッフにはキッチンスペシャリスト・整理収納アドバイザー・食育インストラクターなどの資格取得に力を入れている。 ●パナソニック 受験生・乳幼児・介護・ペットなど空間除菌を必要とする家庭は約2200万世帯あり、需要が見込まれる。次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」は家庭用も発売した。学習塾・保育園・福祉施設などにもニーズは多い。 ●フネンアクロス ケイプラとのOEM提携を解消したため、耐火二層管の売上は落ちたが、OEM部分を除くと前年比106%とまずまず。遮音製品は121%と伸びている。フネン受口付パイプを新発売。オリンピック関連の受注も決まってきた。 ●川本製作所 ポンプの出荷台数は全体としては横ばいだが、増圧ポンプは107%と好調。人手不足対策としてユニット商品の開発を進めている。受水槽使用の建物はまだ多いので増圧ポンプの需要はある。

カテゴリー: 業界情報 |

落合住宅機器の歴史を辿る【平成13年度(2001年度)】

投稿者:落合智貴 21世紀に突入したことを感慨深く感じていた記憶がありますが、だいぶ時間が経ちました。 2001年の9月11日には米同時多発テロが起こり世界を驚愕させました。 煙を出している世界貿易センタービルに2機目の飛行機が突入するシーンは最初は理解できないほどの衝撃でした。21世紀はどうなってしまうんだろう?と感じた人も多かったのではないでしょうか。 建設業界においてもゼネコンの青木建設・日産建設・殖産住宅が倒産。設備業界でも大手サブコンのエルゴテックが民事再生を申請するなど不安を煽るニュースが続々と入ってきました。「上場企業が倒産する」ということは従来では考えられない事でしたが、それも当り前のように起こるようになったのはこの頃からでしょうか。 2002年の2月には落合住宅機器の創立50周年を迎えることができました。 1995年に2代目社長の父が亡くなり一時は存続も危ぶまれた事を思うと、50周年を超えられたというのは大きな感慨でした。 50周年を記念して九州松下電器城島ポンプ工場と東陶機器(現TOTO)の小倉工場の見学を兼ねた旅行会にお客様をご招待しました。 柳川川下りや福岡天神のふぐ料理による懇親会、門司港の観光などを行いました。 お客様を旅行にご引率するのは初めてでしたので大変緊張しましたが、思い出に残る旅行会になりました。

カテゴリー: 落合住宅機器の歴史を辿(たど)る |

衆議院選挙の行方

投稿者:落合智貴 安倍総理大臣が衆議院を解散し、総選挙となりました。 10月10日公示、10月22日が選挙となります。 民進党が分裂し、小池都知事率いる希望の党と枝野氏率いる立憲民主党の二つの党が新しくできました。 旧日本新党も旧社会党も旧民主党も一度政権を取るものの、長くは続かず、下野後に党勢が縮小していくというのが続いています。やはり野党の立場で改革を叫ぶのは簡単だが、責任ある与党として運営していくのでは大変難しいということだと思います。 今回の希望の党はどこまで支持を伸ばしていくのでしょうか? 今の日本は安倍政権の元、雇用情勢の好転など、経済は緩やかながらも良い状態になっていますし、外交的な発言力も以前に比べて高まっているのではないかと思います。 そこを崩してまで政界再編が必要な状況なのか?有権者の判断を待ちたいと思います。 希望の党は耳ざわりの良い公約を並べていますが、現実性がどうなのか、また人材は十分なのかといったことを注視しなければならないと思います。 このブログで9月17日に私が述べたベーシックインカム(BI)が希望の党の公約に突然出てきたのは驚きましたが、突っ込んだ議論が行われた形跡は全くありませんので、本気度が良くわかりません。議論のきっかけになるのは良いと思います。

カテゴリー: トピックス |

クボタケミックス キャラバンカー

投稿者:落合智貴 グボタグループは昨今の塩ビ管業界の再編の中で、アライアンスによる組織変更が繰り返されてきました。 塩ビ管メーカーであるクボタとシーアイ化成が合弁子会社「クボタシーアイ」を作ったのが始まりです。 その後、集合管などを扱うクボタの配管事業がクボタシーアイに合流し、伊藤忠グループの資本が抜けて、シーアイはタキロンと合流し、「タキロンシーアイ」になりました。 その関係でクボタシーアイは社名を「クボタケミックス」に変更し、今に至っています。 クボタシーアイ時代に使っていたKCのロゴをそのまま使うため「C」で始まる“ケミックス”という言葉に置き換えたのはうまいですね。 このたびクボタケミックスは販売促進のためのキャラバンカーを作りました。    電気融着で接合する青いポリエチレン管をプレハブ配管する工法をクボタケミックスが開発しました。 ある程度の接合を工場でプレハブ加工しておき、現場では立て管をEロックという接続方法、横枝管はハウジング接続によってつなげます。現場での電気融着が不要になります。 昨今の人手不足を意識した、工期短縮の工法です。    その他、消火用配管にもポリエチレン管が使えるようになります。 金属管の需要が減り、樹脂配管の需要が増える。 その流れはますます加速しています。 最近セキスイ陣営に押され気味だったクボタ陣営の巻き返しに注目したいと思います。  

カテゴリー: 業界情報 |

ブログ

サービス案内

企業情報

ニュースリリース

お気軽にお問い合わせを!!TEL:03-3377-0133 受付時間:8:30~17:30

落合住宅機器ブログ