工具

月別アーカイブ: 7月 2016

みらい市2016 ご報告

投稿者:落合智貴 7月23日(土)東京ビックサイトで行われました、管工機材の総合展示会「みらい市2016」を見学してきました。法規制の説明コーナー、ITコーナー、他社比較コーナー、管材コーナー、住設コーナー、工具コーナー などに区分けされており、順路通り進むとモレなく見学できるので非常にわかりやすい展示会です。 気になった商品を2点ご紹介します。 まずは積水化学工業の「冷温水用エスロハイパー」です。 従来の青いエスロハイパーは電気融着式の樹脂配管として定着してきましたが、温度による管の伸縮が大きく、冷温水には使用できませんでした。そこで今回の製品では管に加工を施し、管の伸縮を抑えた冷温水用が発売されました。管の色は紫もしくは黄色。往きと戻りで色を分けることができるそうです。 二つ目はTOTOキッチンに採用された「きれい除菌水」です。 数年前に便器で採用された除菌水機能をキッチンにも採用しました。この除菌水は特別な薬品を使うのではなく、普通の水道水から作られるので、メンテナンスが不要です。 まな板が黒ずんでしまうことがよくありますが、この除菌水を使えばきれいになるそうです。「きれい除菌水」は今年TOTOの洗面化粧台にも採用され、歯ブラシの除菌に使用するように設計されています。清潔性を気になさるお客様は是非ご検討ください。

カテゴリー: 業界情報 |

田中角栄ブーム

投稿者:落合智貴 石原慎太郎氏が本を書いたことが発端だったのでしょうか、最近書店に行くと田中角栄のコーナーができています。 田中角栄が首相だったのが昭和47年7月~昭和49年12月ですので当時私は1~3歳。首相在任中の記憶は私にはありません。首相を辞めた後「闇将軍」として権力を握っていたイメージや「ロッキード事件」の方が強く印象に残っていますね。 最近の角栄ブームは、金権政治の負のイメージの強かった角栄氏の良い所、スゴイ所に焦点を当てている論調が多いようです。自分の事を批判していたライバルの大物政治家が入院した際に何度も病院を見舞い、札束を置いて行ったというエピソードもあるそうです。弱い立場に立たされた人にこそ手を差し伸べる。これが角栄流の心のつかみ方だったんですね。自民党のライバル政治家や野党の政治家までも魅了してしまう器の大きさは、凡人にまねできるものではないと思います。 相手の事をとことん考え、相手の喜ぶようなことをする。それが「お金」という形で表現することが多かったのが最終的には批判の対象となってしまいました。 戦後の混乱期から、社会が成熟化する中で「清濁併せのむ」ことが徐々に許されなくなってきた過程にロッキード事件があったのだと思います。 大きな大義やビジョンを打ち出すこと。コトの重要性を見抜く力は天才的だったのだと思います。「日本列島改造論」もその象徴でしょう。 正しいビジョンを打ち出すこと。そしてそれを周りに納得させて、正しいやり方で成し遂げること。それらを両立することはいつの時代も難しいものだと思います。

カテゴリー: トピックス |

落合住宅機器の歴史を辿る【昭和49~51年度(1974~1976年度)】

投稿者:落合智貴 第一次、第二次オイルショックの影響を受けたのがこの頃です。 トイレットペーパーをスーパーで奪い合う当時のシーンをテレビなどで見ることがありますが、石油の値上がりによって管材業界で特に大きな影響を受けたのがビニール管の供給です。 ビニール管の買い占めや売り渋りなどが発生し、商売倫理が問われた事件でした。 お客様に「オイルショックの時に売ってくれた」と感謝されるか、「オイルショックの時に売ってくれなかった」といつまでも悪口を言われるか。おそらく業界各社でいろんな反省があったのだろうと思います。      【当時の正月の集合写真】      当社は松下電器産業の代理店としての地位を大切にし、高度経済成長の波に乗って着実に売り上げを伸ばしていました。昭和51年度の売上は初めて6億を超えました。当時の通貨価値を考えると今の6億円よりはもっと忙しかったんだと思います。 写真は松下電器産業の代理店会「昭和51年度ナショナル住設共栄会」でのものです。 前列中央にはパナソニックの創業者であり「経営の神様」とも称される松下幸之助氏。 最後列中央の背の低い人が当社の落合義作社長です。 歴史上の人物と一緒に写った貴重な写真です。

カテゴリー: 落合住宅機器の歴史を辿(たど)る |

前澤化成「ビニコア」 ~グランドフェア2016にて~

投稿者:落合智貴 千葉県の幕張メッセにおいて毎年恒例の展示会「グランドフェア」が7月8日、9日に開催されました。 ユアサ商事㈱の取り扱いメーカーがこぞって出品しております。 最近の特徴は「テーマゾーン」の充実です。防災・減災、環境エネルギー、ロボットイノベーションなどテーマを絞った展示コーナーを設けています。 管材商品で私が興味をもったのが、前澤化成工業の「樹脂製単管式排水システム ビニコア」です。 鋳物排水集合管の技術をもった小島製作所と、塩ビの技術をもった前澤化成工業との共同開発だそうです。 何よりのメリットは“軽さ”。従来の鋳物の1/3の軽量化に成功しました。 また熱膨張材が内臓されており国土交通大臣認定及び消防評定品です。 他にも ・錆びない ・立て管、横枝管にVP管使用可能 ・防滴、防露仕様 などの特徴があります。最近発売されたばかりです。注目の商品だと思います。

カテゴリー: 業界情報 |

イギリスのEU離脱問題

投稿者:落合智貴 先日イギリスの国民投票が行われ、EU離脱の是非が問われました。 結果は皆様ご存じの通り、離脱が残留をわずかに上回りました。 驚いたのはその後のイギリス国民の反応です。 「まさか離脱派が勝つとは思わなかった」という声があちこちから聞こえてきたようです。 それを後悔している人がとても多いとか。 責任のある人は考えに考えて決断をするものだと思いますが、投票の様に一人の一票の重みが軽い場合はこのような結果が出ることがあるのだという珍しい事例になりましたね。 ヨーロッパは国境が変わったり、国が分裂・統合をすることが珍しくはありません。 日本の場合は島国ということもあり、国が分裂や統合を現実のものとして真剣に議論されることは今ではまずないと思います。 残留派のキャメロン首相が退任を発表し、離脱派のジョンソン氏も保守党党首選への不出馬を宣言するなど今後のイギリスの状況は不透明です。 かつては大英帝国を誇っていたイギリスが今では世界経済の不安定材料になってしまったのは皮肉なことですね。

カテゴリー: トピックス |

ブログ

サービス案内

企業情報

ニュースリリース

お気軽にお問い合わせを!!TEL:03-3377-0133 受付時間:8:30~17:30

落合住宅機器ブログ