工具

月別アーカイブ: 10月 2018

落合住宅機器の歴史を辿る【昭和38~41年度(1963~1966年度)】

投稿者:落合智貴 昭和39年の東京オリンピックを契機に日本の戦後復興は着実に進んでいました。 新幹線や高速道路、様々なインフラが東京オリンピックを目標に建設されました。 池田勇人首相は経済に重きを置き「所得倍増計画」を掲げて高度経済成長の基礎を築きました。 池田首相は体調不良を抱えながら東京オリンピックを迎え、閉会式の翌日に退陣を表明し、翌年昭和40年に亡くなったそうです。 【昭和40年東陶特約店会 前列右から3人目が落合義作社長】 当社も設立以来10年以上が経過し、会社の体裁を整えつつあった時期だと思います。 創立当初50万円だった資本金は昭和40年には400万円まで増やしています。 この頃は増資によって財務体質を厚くしていくのが目標だったようです。    昭和37年に松下電器産業の代理店になり、昭和42年5月には「落合ナショナル管工事店会」を発足させました。 松下電器産業と当社・管工事会社が三位一体で取り組もうとの決意の表れです。 鉛管の販売が主業でしたので、当時の社名は落合鉛工株式会社ですが、この頃から、東陶やナショナルなどの衛生機器・住設機器に本格的に取り組みはじめました。

カテゴリー: 落合住宅機器の歴史を辿(たど)る |

創業者 落合義作 没後20年

投稿者:落合智貴 10月19日は私の祖父で落合住宅機器の創業者 落合義作の命日でした。 亡くなったのが平成10年(1998年)でしたので、今年でちょうど20年になります。 85歳で亡くなりましたので、今生きていれば105歳になります。 初代 落合義作は鉛管の販売からスタートし戦後の経済発展と共に会社を成長させていきました。 当時の社名は「落合鉛工㈱」。 時代の流れと共に鉛管・ビニール管・鉄管・水栓金具と販売商材を増やしていきました。 二代目 落合隆博が入社する前の年、昭和45年(1970年)に社名を「落合住宅機器㈱」に変更。 この頃には松下電器産業の代理店としての地位を活用し、エアコン・バス・キッチンなど住宅機器の販売に力を入れてきました。 三代目に筆者が就任したのは平成7年(1995年)です。 この頃から世の中はコンピューター化が進み、現在の当社は在庫管理やネット通販などでITを活用した経営を進めております。販売商品も住宅機器だけでなく、配管材料のきめ細かい在庫アイテムを強みにする会社に変わってきました。 創業者が亡くなった平成10年はバブル崩壊が深刻化し、企業倒産が非常に多かった頃です。 当時会長であった創業者が亡くなり、名実ともに社長として最終決定をしなければならなくなった当時は大きなプレッシャーを感じていました。 あれから20年。経営者として独り立ちして”成人式”を迎えることができました。    【昭和47年頃 左が落合義作 中央は筆者 右は母】

カテゴリー: トピックス |

山梨方面へ社員旅行

投稿者:落合智貴 10月の3連休を利用して、一泊二日の社員旅行に行きました。 2年に一回程度行っていますが、今年は貸切バスで山梨方面です。 気持ちの良い秋晴れの中過ごすことができました。 社員の皆様お疲れ様でした。          【昇仙峡の見事な渓流】         【昇仙峡の岩肌と空の景色もきれいでした】       【信玄餅の工場とお土産やさんを訪問】        【最後はみんなでぶどう狩り】

カテゴリー: 業界情報 |

落合住宅機器の歴史を辿る【昭和42~45年度(1967~1970年度)】

投稿者:落合智貴 アメリカのニクソン大統領と日本の佐藤栄作首相の合意により沖縄の日本への返還が決まったのがこの頃です。 終戦から20年以上が経ち“戦後が終わった“と感じた人が多かったのかもしれません。 日本の経済は順調に成長していました。 当社は昭和45年3月に社名を「落合鉛工㈱」から「落合住宅機器㈱」に変更しました。 当社にとっての創業事業である水道鉛管が使われなくなってきており、“鉛の時代が終わった“ということで社名を変えました。 昭和37年に松下電器産業の代理店になって以来、ナショナル製品の拡販に力を入れ、“これからは「住宅機器」の時代である”というのが当時の落合義作社長の判断だったのだと思います。素敵な住宅機器で暮らしがどんどん便利になっていく。日本人みんながそんな夢を描いていた時代だと思います。      【建て替え前の古い社屋前 女性社員5人】     【昭和44年10月の伊東温泉社員旅行】      【昭和45年2月 創立記念食事会にて】       【落合ビル建替時の世田谷弦巻の仮事務所】

カテゴリー: 落合住宅機器の歴史を辿(たど)る |

ブログ

サービス案内

企業情報

ニュースリリース

お気軽にお問い合わせを!!TEL:03-3377-0133 受付時間:8:30~17:30

落合住宅機器ブログ