工具

月別アーカイブ: 4月 2016

熊本地震と建築基準法

投稿者:落合智貴 4月14日の午後9時26分ごろに熊本地方を襲う震度7の地震がありました。 その後もマグニチュード7.3の新たな地震が起きるなど予断を許さない状況のようです。 本日現在報道されているところによりますと死者は41名とのことです。 被害に遭われました方々には心よりお見舞い申し上げます。 私も今年の1月に家族旅行で熊本を訪れたばかりでしたので非常に身近に感じております。 最初の地震の震源地となった益城町は昼食を食べた場所でした。 阿蘇山の雄大な景色にも魅了されましたが、激しい土砂災害が起きてしまいました。 1995年の阪神淡路大震災では建物の倒壊と火災で多くの人が命を落としました。 2011年の東日本大震災では津波によって多くの方が亡くなりました。 日本の建築基準法や防火基準は大きな地震や災害のたびに見直されています。 今回の熊本地震においても日本の旧耐震基準が改正されていなければもっと多くの死者が出ていたでしょうし、同じ規模の地震が諸外国などの耐震化が進んでいない国で起きていれば被害は日本の比ではないと思います。 当社が扱う商品は消防認定品商品や消火ポンプ、耐火二層管など防火にかかわる商品が多くあります。 それら一つ一つが人の命を守る大切な商品ということです。 建築に携わる者として今回の地震をしっかりと心に刻む必要があると思います。

カテゴリー: 業界情報 |

鈴木敏文氏のカリスマ

投稿者:落合智貴 日本のコンビニの生みの親とも言えるセブン&アイホールディングスの鈴木敏文会長兼CEOが先日退任を発表しました。セブンイレブンの社長人事における経営陣・伊藤名誉会長・大株主の意見と鈴木氏の意見の相違が原因のようです。 今回の問題はカリスマ経営者の引き際と企業統治(ガバナンス)の二つの問題がポイントであると思います。 鈴木氏は経営の天才と言えるでしょう。昭和40年代に始めたコンビニエンスストア。コンビニでの公共料金の決済業務。銀行業への進出。オムニチャネルへの進出。これら誰もが思いもつかない、周りが反対するような新しいビジネスをことごとく成功させてきました。鈴木氏のおかげで世の中が便利になった功績は大変大きなものだと思います。おそらくセブングループの意思決定において、多くの凡人の意見を集約するよりも一人の天才である鈴木氏の判断を尊重したほうが成功の確率が高く、決断のスピードも格段に速かったのだと思います。そのカリスマに引導を渡すことは並大抵のことではないと思います。今回の取締役会の結論に対して鈴木氏が反発し、自分の意見を押し通すこともできたでしょう。しかし鈴木氏は自ら引退を決断しました。今回の事件は鈴木氏に対する批判的な意見もあるようですが、私は鈴木氏の引退の決断は大変立派だったと思います。自らの方針が正しいと信じつつも、周りの意見はきちんと尊重するという姿勢に「カリスマの中の謙虚さ」を感じるからです。 カリスマ経営者は憎まれることも多いでしょう。下で働く人はハラワタが煮えくり返る思いも結構していると思います。スズキの鈴木修氏、日本電産の永守重信氏、ユニクロの柳井正氏、ソフトバンクの孫正義氏、楽天の三木谷浩史氏。現役のカリスマ経営者はたくさんいます。彼らが今後どんな引き際を見せるのか注目したいと思います。

カテゴリー: トピックス |

ブログ

サービス案内

企業情報

ニュースリリース

お気軽にお問い合わせを!!TEL:03-3377-0133 受付時間:8:30~17:30

落合住宅機器ブログ