工具

月別アーカイブ: 11月 2015

製販懇談会2015年10月 報告

投稿者:落合智貴 東京管工機材商業協同組合の製販懇談会が行われました。 管材業界のメーカー様から市況などをお聞きする会合です。 ●新日鉄住金 世界の鉄鋼需要は現在中国が40%を占めているが、中国経済のリセッションが危惧されている。管材商品においては防災関係、施工性の良い製品、環境問題のニーズなどをとらえていきたい。 ●リケン ゼネコン各社のヒヤリングによると、大型物件が本格的に動き出すのは2016年夏以降ではないか。建築コストの上昇により先送りになっている現場が多い様だ。ねじ込み継手の需要は下降傾向だがトップジョイントの需要は増えている。 ●積水化学工業 塩ビ管の原料であるレジンの価格は下がっているが、物流費等が高騰しており製品値下げの余地は少ない。2015年下期は下水関連は前年ダウンを予想するが、水道・戸建・建築・プラントは前年アップを予想している。 ●フネンアクロス 集合管のアクロスブロックを新発売。横枝管1mを耐火管にする必要のない商品。10月中に消防認定取得予定。「音ふうじ」の増産のため新工場の建設を予定。フネン管のプレハブ加工サービスも順調に伸びている。フネンアクロスのロゴマークを刷新した。 ●川本製作所 老人施設のスプリンクラー設置の需要が伸びており、消火ポンプは好調。2015年4月のモータートップランナー規制の影響で製品単価はアップしているが台数は苦戦している。東京都の受水槽ストックはまだ22万件程度あり、増圧への切り替え需要に期待。 ●大和バルブ 半導体関係や船用のバルブ需要は好調。 建築用は前年90%程度と低迷している。 ●TOTO 成田空港国際第二ターミナル内に「GALLERY TOTO」をオープン。九州の小倉にはTOTOミュージアムを8月にオープンさせた。小便器と自動水栓(アクアオート)に“きれい除菌水”を搭載する新商品を発売予定。 ●クリナップ 消費税増税の影響は3%→5%の時よりも今回(5%→8%)の方が増税前後の増減の山が少ない。“流レールシンク”がグットデザイン賞を受賞。アマゾンや楽天によるリフォームの受注が増えている。 ●パナソニック ハウスメーカー各社は“空気質”の差別化で訴求しようとしている。ゼロエネルギー住宅を意味する「ZEH(ゼッチ)住宅」を国が推進している。パナソニックと富士通の共同開発で高齢者の状況を把握するための見守りサービスを売り出す予定。

カテゴリー: 業界情報 |

マンションの杭打ち問題

投稿者:落合智貴 三井不動産レジデンシャルが販売した横浜のマンションが傾いた事件がありました。 三井住友建設が元請けとして施工し、旭化成建材の杭打ちに問題があったことが判明しております。 杭打ちデーターの改ざんが、杭打ち業界全体で行われていたのではないかとの疑いが強くなってきました。 自分の住んでいるマンションは大丈夫か?と心配されている方も多いのではないでしょうか。  (写真は本文と関係がありません) 建設業界に関わるものとして、自分も襟を正さなければという思いがあります。 しかし報道されている通り、建設業界はきちんと正確に施工しなければいけないという施主への責任があるものの、現場に携わる人々にとっては「工期を守らなければならない」「コストを最小限に抑えなければならない」「やり直しはできるだけしたくない」という利益を追求する責任との板挟みがあり、それらと常に折り合いをつける側面も現実にはあると思います。 自動車のスピード違反のように実際に違反をした事がない人はいない様な規則もあります。 ルールやモラルの高さは、その国や社会や会社の規範レベルの高さによるものではないかと思います。 日本では最近社長がお詫びをする記者会見が大変多いですが、従来なら許されていたことがだんだん許されにくい社会になってきたのだと思います。 これを堅苦しい世の中になってしまったと考える人もいると思います。 しかしこれは日本の規範レベルが上がってきたと前向きにとらえることが出来ます。 ズルをする人が淘汰され、まじめにやっている人が報われる世の中に一歩ずつ近づいていると考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: トピックス |

東京ガス TG-NEXPO2015 報告

投稿者:落合智貴 ブログを始めてちょうど一年になりました。 どこまでできるか不安でスタートしましたが、今の所毎週欠かさずに投稿しております。 これからも当社の状況や業界の動向などをお伝えできればと思っています。 10月20日に東京ガス様主催の展示会「TG-NEXPO2015」を見学してきました。 これからのエネルギー事情は平成28年の電力自由化や平成29年のガスの自由化によって大きく変わってきます。 ガス会社が電気を売る。 電気会社がガスを売る。 携帯電話会社、石油会社、ハウスメーカー、保険会社などもガスや電気の販売に名乗りを上げています。 一軒の家を建てるときにエネルギーをどう組み立てるかの選択肢も多くなってきます。 以前からガスvsオール電化の争いがありましたが、例えばエネファームや太陽光発電を組み合わせることで電力をほとんど購入しないといった組み方もあります。 また、自動車のハイブリット化や電気自動車の普及、水素自動車の開発などが進んでおり、家庭で自動車の充電設備を設けることも大きな選択肢になるかもしれません。 展示会の基調講演で「地方創生について」と題した講演を聴きました。国は石破地方創生担当大臣のもと「まち・ひと・しごと創生」を進めているとの事です。 東京一極集中、地方の人口減が言われて久しいですが、地方でのコンパクトシティ創設の事例が増えてきているそうです。 保育園や学校が近くにある街。 買い物や交通移動が便利な街。 病院があり介護がしやすい街。 現在日本の世帯の形は2005年以降「単身者」世帯が「夫婦と子供」世帯を逆転し、最も多い世帯形態になったそうです。その中でも「高齢単身者」が増えています。 ご高年者が愛着のある土地を離れるという問題はありますが、インフラをコンパクトにまとめた街を地方に創って人をそこに集めることによるメリットは大きいのだと思います。 団塊の世代が70歳を超えてくる今後、エネルギー問題と合わせて人口問題と街づくりも国家の重要な課題になりそうです。

カテゴリー: 業界情報 |

ブログ

サービス案内

企業情報

ニュースリリース

お気軽にお問い合わせを!!TEL:03-3377-0133 受付時間:8:30~17:30

落合住宅機器ブログ